掛軸(読み)かけじく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「掛軸」の解説

掛軸
かけじく

掛物掛字ともいう。書画を布や紙で表装して竹木などの軸をつけ,床の間などに掛けるように仕立てたもの。縦長のものを縦軸条幅といい,横長のものを横幅という。独幅,対幅 (双幅) ,三幅対などとして掛ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「掛軸」の解説

かけ‐じく〔‐ヂク〕【掛(け)軸】

書画を軸物に表装し、床の間・壁などに掛けて飾りとするもの。掛け物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の掛軸の言及

【掛物】より

…掛軸また掛幅(かけふく)ともいい,裂(きれ)や紙で表装(ひようそう)し,床の間に掛けるようにした絵または書をいう。その起源は中国北宋からで,〈挂軸〉の名で現れる。…

※「掛軸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android