コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)物 カケモノ

4件 の用語解説(掛(け)物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かけ‐もの【掛(け)物】

掛け軸」に同じ。
寝るとき、からだにかける毛布・布団など。
豆やケシの実・ゼリーなどを芯(しん)にして砂糖をかけた干菓子。豆板コンペイトーなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

掛物【かけもの】

掛軸とも。書画を軸に巻いて表装し,壁面に掛けるように仕立てたもの。中国で,壁画崇拝と経巻製作の技術とが結びつき,移動可能な壁画として発達した。日本には平安時代に密教とともに伝来,礼拝のための仏画に利用されたが,室町時代以降禅宗の影響から仏画以外のものにも用いられ,書院造床の間の成立,さらに茶道の発展に伴って,美術鑑賞の目的に用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かけもの【掛物】

掛軸また掛幅(かけふく)ともいい,裂(きれ)や紙で表装(ひようそう)し,床の間に掛けるようにした絵または書をいう。その起源は中国北宋からで,〈挂軸〉の名で現れる。これは〈挂(か)け拝する〉の意で,ここに掛物の成立がみられる。さらに書画の表装の起りは,唐にさかのぼると思われ,書画を裏打ちし,表装し,軸と打竹(だようちく)をつけて横巻きにしたものが始まりとみられる。つまり横巻きの経巻にその起りがうかがわれ,大経師(だいきようじ),装潢師(そうこうし)などの名にそのなごりが残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掛物
かけもの

掛軸、掛幅(かけふく)、また軸、幅ともいう。書画を表装して床の間や壁間に掛けて拝見したり鑑賞したりするもので、室内装飾に重要な役割をもつ。古くは、書と絵画の掛物を区別して、掛字、掛絵などとよんだ。
 もともと掛物は、巻物(巻子本(かんすぼん))から転じたものといわれ、その表装の方法や技法に共通な部分が多い。わが国における掛物は、中国から伝来した方法を継承したもので、鎌倉時代に禅宗とともに将来されたものが基盤となっている。当時、宋(そう)音で発音される(ひょうはい)のことばが用いられたが、「ひょうほい」、「ひょうほえ」、「ひょうほうえ」ともいった。これは表装を意味し、それを職業とする師も活躍するようになった。すでに平安時代に、仏画の掛物が室内に飾られたが、これは仏台を設けて仏画を掛ける方法をとった。鎌倉時代以後、従来のこうした掛物に、大陸から渡来の新しい宋様式が加味され、さらに建築様式の変遷や茶道とのかかわりによって、しだいに今日みられるような掛物の形式へと発展した。
 掛物が流行するようになったのは、中国の禅宗寺院の建築様式に倣い、書院造が発展して床(とこ)が設けられるようになってからである。鎌倉末期にすでに武家に取り入れられたが、のち室町中期の足利義政(あしかがよしまさ)の書院飾りもこれを受け、三幅対(さんぷくつい)や対幅(ついふく)(二幅)の名品が広間の床に掛けられた。それまで用いられた仏画のほかに、山水花鳥画が注目されるようになり、なかでも宋・元(げん)代の唐絵(からえ)が珍重された。また、書を床に掛けるようになったのは、唐絵よりも後のことで、わび茶の創始者、村田珠光(じゅこう)が、参禅の師、一休宗純から印可(いんか)の証(あかし)として授与された宋代の高僧、圜悟克勤(えんごこくごん)の墨蹟(ぼくせき)がもっとも早い例とされる。珠光の孫弟子にあたる武野紹鴎(たけのじょうおう)は、藤原定家(ていか)の歌論書『詠歌大概(えいかのたいがい)』の所説がわび茶の理念に合致することに感銘し、定家の「小倉色紙(おぐらしきし)」を初めて茶席に掛けた。これがきっかけで、ほかの定家の遺墨をはじめ平安時代の古筆(こひつ)も茶掛けに用いられるようになった。南坊宗啓(なんぼうそうけい)が師の千利休(せんのりきゅう)から聞き書きした茶道書『南方録(なんぽうろく)』では、掛物をもっともたいせつな茶の湯道具と考え、なかでも高徳の禅僧が書いた墨蹟を最高位に置いている。今日でも、唐絵、大和絵(やまとえ)、画賛物をはじめ、書における古筆、懐紙、詠草、色紙、短冊(たんざく)あるいは書状など、さまざまな掛物が伝存するが、それらはいずれも筆者を尊び、床の間に迎えて敬慕する精神が支えとなり、あわせてそれぞれのもつ美しさを鑑賞する目的をもって愛好されている。[古谷 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の掛(け)物の言及

【茶道】より

…その結果,天下人の儀礼的な茶道も担当することになり,茶の点前・作法といった儀礼的な側面も,茶会の形式も,茶会で供される茶の料理(懐石)も,利休のわび茶の思想によって整えられた。利休は大徳寺の古渓宗陳ら禅僧に深く帰依し,宗易の法諱も大徳寺から受けたように,禅の影響を強く受け,床の掛物に墨跡を重視するなど茶道に禅宗を一段と近づけた。しかし利休の茶道観は〈山を谷,西を東といいなす〉ような,常識を破る下剋上的な発想であったから,中央集権的な封建社会が完成し,下剋上の精神が封殺される時代になると,天下人にとって都合のよいものではなくなる。…

※「掛(け)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

掛(け)物の関連キーワード掛軸掛け軸・掛軸ケフィールケフェウス含め煮掛字ケフィアてもい・いみっともい・いすこやかケフィア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone