コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採草 サイソウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐そう〔‐サウ〕【採草】

[名](スル)家畜の飼料堆肥にするために草を刈り取ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいそう【採草】

( 名 ) スル
家畜飼料や肥料にするために草を刈ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の採草の言及

【採草採貝業】より

…用途に適した特殊な雑漁具を使うことが多い。
[採草seaweed collecting]
 海藻をとることを主目的とする漁業だが,農林水産統計上は藻類をとる漁業であっても潜水器漁業は除く。水深20mぐらいまでの藻類が対象なので,漁業の規模は小さく,3トン未満の漁船による操業がほとんどである。…

※「採草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

採草の関連キーワード未立木地(みりゅうぼくち)森林以外の草生地(野草地)農地保有合理化法人国有農地と開拓財産農地所有適格法人エンクロージャー男鹿国定公園農地信託制度名子被官制度中標津(町)牧草地経営体美甘[村]小岩井農場採草放牧地高冷地農業峰浜[村]採草採貝業玖珠(町)農用地区域青刈り飼料

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

採草の関連情報