コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接心/摂心 セッシン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐しん【接心/摂心】

心が外界の事物に触れて感ずること。
仏語。
㋐精神を集中し、乱さないこと。
禅門で一定の期間、座禅をすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の接心/摂心の言及

【雲水】より

…掛搭式を経た雲水は,単(たん)(修行者の座る座席)が決められ,清規(しんぎ)(規則)に従って僧堂生活がはじまる。1年を雨安居(うあんご)(夏安居)と雪安居(冬安居)の2期に分け,その間月に1回程度接心(せつしん)(摂心。一定期間ひたすら座禅をすること)が設けられ,また12月1日から8日朝までは臘八接心(ろうはつせつしん)と称し,昼夜を通して座禅する。…

※「接心/摂心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接心/摂心の関連キーワードカウンターショック心臓マッサージ山本 玄峰開放血管系伊藤 友司アコニチン西田幾多郎心臓外傷教外別伝真如苑成道会五重塔血管系仏語作土静脈外界臘八事物

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android