コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座禅/坐禅 ザゼン

百科事典マイペディアの解説

座禅【ざぜん】

禅の修行法の一つ。身を正し,端座して妄念(もうねん)をやめ,無念無想の境地で,自分の心とそれと異ならぬ仏心を見ようとする。インドでは古くから修行者の行った方法で,仏教で採用されたのは,釈迦が成道後7日間ずつ3度端座思惟(しい)したのに始まる。中国では達磨(だるま)以後重視され,見性(けんしょう)を重視する曹洞禅,公案を重んじる臨済禅で発達した。日本では道元が《普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)》,白隠が《坐禅和讃》を著し唱導した。座禅の足の組み方には結跏趺坐(けっかふざ)と半跏趺坐がある。
→関連項目体操瞑想系身体技法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

座禅/坐禅の関連キーワード三時座禅・三時坐禅只管打坐・祗管打坐坐禅用心記座参・坐参松羽目物面壁九年打成一片三時座禅只管打坐臘八接心四時座禅黙照禅非思量座禅豆降魔坐第一座座禅衾座禅石数息観瞑想

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android