座禅(読み)ざぜん

百科事典マイペディア「座禅」の解説

座禅【ざぜん】

禅の修行法の一つ。身を正し,端座して妄念(もうねん)をやめ,無念無想境地で,自分の心とそれと異ならぬ仏心を見ようとする。インドでは古くから修行者の行った方法で,仏教で採用されたのは,釈迦が成道後7日間ずつ3度端座思惟(しい)したのに始まる。中国では達磨(だるま)以後重視され,見性(けんしょう)を重視する曹洞禅,公案を重んじる臨済禅で発達した。日本では道元が《普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)》,白隠が《坐禅和讃》を著し唱導した。座禅の足の組み方には結跏趺坐(けっかふざ)と半跏趺坐がある。
→関連項目体操瞑想系身体技法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android