コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座禅/坐禅 ザゼン

百科事典マイペディアの解説

座禅【ざぜん】

禅の修行法の一つ。身を正し,端座して妄念(もうねん)をやめ,無念無想の境地で,自分の心とそれと異ならぬ仏心を見ようとする。インドでは古くから修行者の行った方法で,仏教で採用されたのは,釈迦が成道後7日間ずつ3度端座思惟(しい)したのに始まる。
→関連項目体操瞑想系身体技法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

座禅/坐禅の関連キーワード三時座禅・三時坐禅只管打坐・祗管打坐坐禅用心記座参・坐参打成一片面壁九年只管打坐四時座禅松羽目物三時座禅結跏趺坐臘八接心非思量座禅豆第一座座禅石数息観黙照禅降魔坐座禅衾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android