コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掴み高 ツカミダカ

デジタル大辞泉の解説

つかみ‐だか【×掴み高】

江戸時代、農地の少ない山村などに対し、検地をせずに、その村落全体をひとつかみにして大ざっぱに見積もった石高(こくだか)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掴み高の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android