掻濁(読み)かきにごす

  • かきにご・す

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ五(四)〙 かきまわして濁らせる。
※播磨風土記逸文(釈日本紀所載)(1274‐1301)「又、海水を攪濁して、渡り賜ふ時」
※湖畔手記(1924)〈葛西善蔵〉「その樹を倒し、土砂を崩したりしてゐる音が、湖畔の静かな空気を一部分掻き濁してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android