握潰(読み)にぎりつぶし

精選版 日本国語大辞典の解説

にぎり‐つぶし【握潰】

〘名〙
① 強く握りしめてつぶすこと。
文書、提案などをわざと手元にとどめておいて、処置しないこと。
※東京日日新聞‐明治二五年(1892)六月一九日「其審査は終了したるも皆報告するに至らずして閉会となりぬ、党人称して貴族院の握り潰しと云ふ」

にぎり‐つぶ・す【握潰】

〘他サ五(四)〙
① 強く握りしめておしつぶす。
※俳諧・八番日記‐文政四年(1821)九月「初茸を掴りつぶして笑ふ子よ」
② 提出された文書、提案、意見などをわざと手元にとどめおき、処置しないまま、うやむやにする。議案などを審議未了のまま放置する。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉二「此厄介条件を握潰(ニギリツブ)したと解った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android