閉会(読み)へいかい

  • へいかい ‥クヮイ
  • へいかい〔クワイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般には会議を終えることを意味するが,特に議会が会期の終了により活動能力を失うことをいう。衆議院が解散されると,参議院は同時に会となる (憲法 54条2項) 。ただし,国会法によれば,委員会は,各議院の議決で特に付託された案件 (懲罰事犯の件を含む) については,閉会中も審査できることになっている (47条2項) 。地方公共団体の議会の閉会は議会の議決によるが (地方自治法 102条6項) ,委員会について同様の定めがある (109条5項,110条3項) 。 (→開会 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
集会や会議が終わること。また、終えること。「閉会の辞」「オリンピックが無事閉会する」「閉会式」⇔開会
国会・地方議会が会期を終えて活動能力を失うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 会議・集会などを終えること。特に国会や地方議会などが会期の終了によって活動能力を失うこと。国会は定められた会期の終了によって閉会となり、また、衆議院が解散されると、参議院は、同時に閉会となる。⇔開会
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)七条「天皇は帝国議会を召集し其の開会閉会停会及衆議院の解散を命す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閉会の関連情報