コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搗き臼/舂き臼 ツキウス

デジタル大辞泉の解説

つき‐うす【×搗き臼/×舂き臼】

うすの一種。木や石でつくり、中を円形にくぼませ、その中に穀物などを入れてきねでつくもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきうす【搗き臼】

中がくぼんでいて、そこに穀物などを入れ、杵きねでつく臼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の搗き臼/舂き臼の言及

【臼】より

…これらの道具がしだいに大型化あるいは効率化してゆく過程で,さまざまの形態の臼に属する道具が発達し,その機能も専用化されてきた。図1はそれらの系統化を試みたもので,日本で,臼と総称される搗き臼,挽き臼(磨り臼)のほかに,転動による粉砕用具を含めた。中国では臼といえば,搗き臼を意味し,挽き臼は〈磨〉,転動によるものは〈碾〉と呼んで区別している。…

※「搗き臼/舂き臼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

搗き臼/舂き臼の関連キーワード

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android