広益国産考(読み)こうえきこくさんこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「広益国産考」の解説

広益国産考
こうえきこくさんこう

農学書。著者は大蔵永常(おおくらながつね)。彼の生涯最後の集大成である。全8巻よりなり、1859年(安政6)に刊行された。ただし、この第1および第2巻にあたる部分は、『国産考』上下として42年(天保13)に出版されており、全巻の執筆を終えたのが44年(弘化1)である。一之巻では、国産(特産)奨励を述べた総論のあとに、紙、コウゾ(楮)をはじめ、30余りの特産の解説と、その加工についての記述が続く。二之巻はスギ、ヒノキ、マツそして砂糖、三之巻はイグサイチビ、四之巻はヤマイモ、ワラビ、カキなど、五之巻は醤油(しょうゆ)、灯油、蝋(ろう)綿、養蚕など、そして六之巻では、特産は作物に限らないとして、人形の作り方などが紹介されている。また海苔(のり)、茶もここで扱われる。七之巻は主として織物であるが、養蜂(ようほう)なども書かれている。八之巻は果樹の仕立てが主である。大蔵永常の説明は、彼が実際に試みた体験などがもとになっており、きわめて具体的である。挿絵も美しく、宮崎安貞の『農業全書』とともに江戸時代二大農書といわれる。

[福島要一]

『飯沼二郎編『日本農書全集14 広益国産考』(1978・農山漁村文化協会)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「広益国産考」の解説

広益国産考【こうえきこくさんこう】

江戸時代の農学者大蔵永常晩年著書初め《国産考》2巻として1842年刊。後これを含めた《広益国産考》8巻として1859年刊。永常は工芸作物関心もち,各藩における殖産興業政策の要請と相まって,製糖,製蝋,繊維・油料・染料作物や果樹などの栽培から製品に至る技術を図入りで説明。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「広益国産考」の解説

広益国産考
こうえきこくさんこう

江戸後期,大蔵永常の農学書
8巻。初め『国産考』として1842年出版,その後『広益国産考』と改題し,'59年全巻刊行。商品経済の発達に対応して,農家経営の安定向上をはかり,それを通じて広く国益増進をはかろうとした当代の農学思想の一異彩である。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「広益国産考」の解説

広益国産考
こうえきこくさんこう

大蔵永常著。8巻8冊。『国産考』ともいう。天保 13 (1842) 年より刊行。各地の工芸作物の栽培を奨励し,特産品として発展すると,農家の経営が豊かになる点を述べている。『岩波文庫所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「広益国産考」の解説

こうえきこくさんこう【広益国産考】

江戸後期の農書。著者は同時代の農学者大蔵永常。1859年(安政6)に全8巻が版行された。著者最晩年の書で,幕末から明治初期の農業技術の発達に大きく寄与した。永常は,ハゼノキの栽培・加工を説いた処女作《農家益》の版行以来,ハゼノキ,カンショ,綿,イグサ,アブラナなどの特用作物の栽培・加工に関する著作を多数ものしているが,本書はこれら特用作物にとどまらず,諸国の特産物となるべき樹木,果樹,茶,養蚕,養蜂,製紙,ノリ,土人形製造などの技術も詳述した,永常農学の集大成である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android