コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘蕾 テキライ

デジタル大辞泉の解説

てき‐らい【摘×蕾】

大きな花を咲かせるなどのために、一つだけ残して余分のつぼみを摘み取ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきらい【摘蕾】

余分な養分の浪費を防ぐため、果樹・蔬菜などの蕾つぼみをつみ取ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の摘蕾の言及

【摘果】より

…また果実数が多いと,葉で同化された炭水化物の多くが果実の肥大に消費されるので,花芽の形成が不良となり翌年の結実数が少なく,隔年結果が起こりやすくなる。果実の肥大に対する摘果の効果は早く行うほど顕著なので,リンゴ,ナシ,カキなど大きな果実が好まれる種類では,花やつぼみのうちに間引くことがある(摘花,摘蕾(てきらい))。摘果の方法には手による摘果と薬剤による摘果とがある。…

※「摘蕾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摘蕾の関連キーワード結果調節果樹園芸摘果整枝摘花果樹養分浪費蔬菜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android