浪費(読み)ろうひ

精選版 日本国語大辞典「浪費」の解説

ろう‐ひ ラウ‥【浪費】

〘名〙 むだに費やすこと。金銭などをやたらにどんどん使うこと。時間や労力を無益な事に費やすこと。むだづかい。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「費乱用(〈注〉ミダリニツカフ)の人は、その身を保つこと能はず」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉三「大切な時間を浪費(ラウヒ)させるのは愚かだと云ふのである」 〔楊万里‐寄馬会叔詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浪費」の解説

ろう‐ひ〔ラウ‐〕【浪費】

[名](スル)金銭・時間・精力などをむだに使うこと。むだづかい。「資源を浪費する」「浪費家」
[類語]無駄遣い濫費散財空費徒費冗費使い込む不経済

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「浪費」の解説

【浪費】ろうひ

むだ使い。

字通「浪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android