コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩する マスル

デジタル大辞泉の解説

ま・する【摩する】

[動サ変][文]ま・す[サ変]
こする。みがく。
「奮然立ち上がって更に―・する腕の無念さ」〈一葉・うもれ木〉
ある線にすれすれになるほど近づく。迫る。接近する。「先人のを―・する」「を―・する超高層建築物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まする【摩する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ま・す
こする。みがく。 「墨を-・して以て此記を作る/不二の高根 麗水
迫り近づく。それに及ぶ。 「一株の『ピニヨロ』樹の碧空を-・して立てるあり/即興詩人 鷗外
[慣用] 天を- ・塁るいを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

摩するの関連キーワードバフ仕上げ板ガラス木工機械電解研摩突っ立つ摩天楼減摩智首

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android