コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三千大千世界 サンゼンダイセンセカイ

デジタル大辞泉の解説

さんぜん‐だいせんせかい【三千大千世界】

仏教の世界観による広大無辺の世界。須弥山(しゅみせん)を中心に日・月・四大州六欲天梵天などを含む世界を一世界として、これが千集まったものを小千世界、それが千集まったものを中千世界、さらにそれが千集まったものを大千世界といい、これらを総括していう。三千世界。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんぜんだいせんせかい【三千大千世界】

仏教思想において巨大な宇宙空間を示す術語。三千世界ともいう。須弥山(しゆみせん)を中心とし,地獄界や兜率天,梵天界などを含み,1個の太陽と1個の月を従えた空間を一世界と呼ぶ(現代太陽系に相当しよう)。宇宙にはこのような世界が無数にある。それらが千個まとまった空間を小千世界と呼ぶ(現代の銀河系に相当しよう)。同様に小千世界が千個まとまったものを中千世界と呼ぶ。中千世界が千個まとまったものを大千世界と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぜんだいせんせかい【三千大千世界】

一人の仏の教化する世界。須弥山しゆみせん・日・月・四大州・上天の一世界を千集めたものを小千世界、それを千集めたものを中千世界、中千世界を千集めたものを三千大千世界という。三界。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三千大千世界
さんぜんだいせんせかい

三千世界」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三千大千世界の関連キーワード三千大千世界塵点劫世界図三界上天

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三千大千世界の関連情報