コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦攪拌接合 マサツカクハンセツゴウ

デジタル大辞泉の解説

まさつかくはん‐せつごう〔‐セツガフ〕【摩擦××拌接合】

金属接合技術の一。金属の接合部に高速回転軸を挿入して摩擦熱を生じさせ、熱により軟化した部分を攪拌し、金属を塑性流動化させて接合する。金属を溶かさない固相接合で、金属組織が微細化強化されるため、熱で金属を溶かして接合する従来の溶接技術で生じる金属のゆがみや強度劣化などのリスクが抑えられる。1991年に英国溶接接合研究所(TWI)で発明された技術。航空・鉄道分野などで実用化されている。FSW(friction stir welding)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android