コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属組織 きんぞくそしきstructure of metal

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくそしき【金属組織 structure of metal】

金属および合金は結晶の集合体であり,その一つの結晶は原子の規則正しい配列が基準としてでき上がっている。金属組織とは,このような金属材料の中の原子のつながりや結晶の構成のことである。組織には,光学顕微鏡で分別できる大きさのレベルの光学顕微鏡組織,透過電子顕微鏡下で分別できる大きさのレベルの透過電子顕微鏡組織,走査電子顕微鏡によって観察される表面とくに破面などの凹凸像(トポグラフィー),X線回折によって知る結晶の原子構造(相),結晶の方位の分布などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金属組織の関連キーワードチェルノフ(Dmitriy Konstantinovich Chernov)F. オスモンビッカース硬さ金属組織検査摩擦攪拌接合転位(結晶)ステンレス鋼セメンタイトチェルノフ橋口 隆吉金属組織学アーノルドフェライトオスモン格子欠陥金属工学物理冶金耐酸鋳鉄宇野伝三金相学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金属組織の関連情報