コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩羅難陀 まらなんだ

世界大百科事典 第2版の解説

まらなんだ【摩羅難陀】

はじめて朝鮮の百済に仏教を伝えたという西域またはインドの僧。生没年不詳。《三国史記》によると,彼は384年に中国南朝の東晋から百済にわたった。枕流王は彼を宮中に迎え入れ,翌385年には王都漢山に仏寺を創建して僧侶10人を度した,とされている。しかし,この所伝には疑問が出されており,現在では,百済の仏教受容を6世紀初頭とする見解が有力である。【木村 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摩羅難陀の関連キーワード朝鮮の仏教海東高僧伝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android