所伝(読み)ショデン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐でん【所伝】

文書や口伝えによって、古くから伝えられてきたこと。また、物が代々伝わってきたこと。「所伝によれば」「当家所伝の古文書」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょでん【所伝】

伝えられてきたこと。伝えられてきたもの。 「代々-の宝物」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐でん【所伝】

〘名〙 文書・口伝えなどによって伝えられてきたこと。また、そのもの。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「我聞者、言阿難親従仏聞、所伝不謬、且欲外道我自然知之過
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉一「平田篤胤は神字日文伝を著はし力めて上世所伝の文字とし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android