コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撚糸文 よりいともん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撚糸文
よりいともん

縄文土器にみられる文様の一種。撚り紐を丸棒の軸に巻きつけた原体 (絡条体) を回転して施した文様。原体を回転しないで,そのまま土器面に押圧した文様を絡条体圧痕文と呼ぶ。なお関東地方の早期前半には,土器面を撚糸文あるいは縄文のみで飾る様式があり,撚糸文系土器と名づけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

撚糸文の関連キーワード小瀬ヶ沢洞穴花輪台貝塚稲荷台遺跡早水台遺跡横浜(市)室谷洞窟尖底土器平坂貝塚浮島貝塚井草遺跡夏島貝塚石斧炉穴

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android