コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撚糸文 よりいともん

1件 の用語解説(撚糸文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撚糸文
よりいともん

縄文土器にみられる文様の一種。撚り紐を丸棒の軸に巻きつけた原体 (絡条体) を回転して施した文様。原体を回転しないで,そのまま土器面に押圧した文様を絡条体圧痕文と呼ぶ。なお関東地方の早期前半には,土器面を撚糸文あるいは縄文のみで飾る様式があり,撚糸文系土器と名づけられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撚糸文の関連キーワード櫛目文土器縄文縄文時代縄文土器日本美術無文土器隆起線文土器入組文押型文土器縄文式土器

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone