コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撮影可能枚数 さつえいかのうまいすう,さつえいかのうまいすう

1件 の用語解説(撮影可能枚数の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

撮影可能枚数

 カメラ映像機器工業会 CIPA で2003年12月に制定された「電池寿命測定法」に基づいて各カメラメーカーが計測、表示している。ようはメモリーカードの容量は別として、電池を交換・充電せずに続けて撮影できる枚数のこと。  簡単に言ってしまうと、画質モード画像サイズなどの設定は工場出荷時の状態を基本に、静止画撮影用に与えられた機能はフルに活用し、ストロボ内蔵のカメラでは2回の撮影につき1回のフル発光を行う、使用電池に条件はないが 1次電池 では製品を明示する、2次電池では満充電状態で使用する、電動ズーム機は撮影ごとにテレ端からワイド端(またはその逆)へ動かしてから撮影をする、音声記録や動画撮影はしない、等々さまざまな条件が定められている。なお、2004(平成16)年6月以降に発売された製品からカタログに記載することが申し合わされた。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

撮影可能枚数の関連キーワードピクトブリッジCIPAPictBridge35mmフィルム換算値MPファイルCP+Exif

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

撮影可能枚数の関連情報