攘臂(読み)じょうひ

精選版 日本国語大辞典「攘臂」の解説

じょう‐ひ ジャウ‥【攘臂】

〙 うでまくりをすること。〔広益熟字典(1874)〕 〔呂氏春秋‐驕恣

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「攘臂」の解説

【攘臂】じよう(じやう)ひ

腕まくりする。〔戦国策、韓一〕~曰く~夫(そ)れ大王を以て、強韓のを挾(さしはさ)み、も牛後の名るは、臣竊(ひそ)かに大王の爲に之れを羞づと。韓王忿然として色を作(な)し、を攘(はら)ひ、劍を按じ、天を仰ぎ太息して曰く、寡人死すと雖も、必ず秦に事(つか)ふることはざらん~と。

字通「攘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android