コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支配階級論 しはいかいきゅうろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支配階級論
しはいかいきゅうろん

イタリアの政治学者 G.モスカの著作で,原題は『政治学要綱』 Elementi di Scienza Politica。 1896年刊であるが,1939年に"The Ruling Class"という題で英訳されてから『支配階級論』として知られるようになった。本書は科学的政治学の樹立を志し,客観的な社会的事実に基づいて政治社会の法則や傾向を見出そうとしたものである。その結果モスカは古代社会から民主主義社会にいたるまで,常に少数の支配集団が存在することを発見した。これがエリート理論の先駆となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android