コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的事実 しゃかいてきじじつfait social

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的事実
しゃかいてきじじつ
fait social

É.デュルケムによれば,社会学の研究対象は,社会的事実と呼ばれる一定の事象である。これは行為思考感情の様式として規定することができるが,簡単には制度と言い換えてもよい。個人の外に存在し,個人に対して強制力をもつものである。すなわち社会的事実の特徴は,外在性と拘束性とに示される。しかし客観的事物と同一ではない。それは,事実に表現されることはあっても,本来は観念的事実,意識的事実である。彼はこれを集合意識と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいてき‐じじつ〔シヤクワイテキ‐〕【社会的事実】

個人にとって外在的で、拘束を課すもの。法・道徳・宗教・流行など。デュルケームはこれを社会学固有の研究対象とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいてきじじつ【社会的事実】

個人に対して外から社会的に拘束を加えるもの。法・道徳・宗教など。デュルケームはこれを社会学固有の対象とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

社会的事実の関連キーワードソシオ・エコノミックス契約(当事者間の合意)ポール フォコンネG.L. デュプラ贈与(文化人類学)オリーベクローナ方法論的個人主義デュルケーム学派レビ・ブリュールレビ・ブリュール垂直的社会移動構造(社会学)水平的社会移動生態学的心理学合理的選択理論フランス社会学構造主義人類学アルフ ロス社会学主義フォコンネ