社会的事実(読み)しゃかいてきじじつ(英語表記)fait social

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的事実
しゃかいてきじじつ
fait social

É.デュルケムによれば,社会学の研究対象は,社会的事実と呼ばれる一定の事象である。これは行為思考感情の様式として規定することができるが,簡単には制度と言い換えてもよい。個人の外に存在し,個人に対して強制力をもつものである。すなわち社会的事実の特徴は,外在性と拘束性とに示される。しかし客観的事物と同一ではない。それは,事実に表現されることはあっても,本来は観念的事実,意識的事実である。彼はこれを集合意識と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいてき‐じじつ〔シヤクワイテキ‐〕【社会的事実】

個人にとって外在的で、拘束を課すもの。法・道徳・宗教・流行など。デュルケームはこれを社会学固有の研究対象とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいてきじじつ【社会的事実】

個人に対して外から社会的に拘束を加えるもの。法・道徳・宗教など。デュルケームはこれを社会学固有の対象とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃかいてき‐じじつ シャクヮイ‥【社会的事実】

〘名〙 個人に対して外から拘束を加えるような力をもつ、一切の行為様式。法、道徳、宗教、犯罪、流行など。フランスの社会学者デュルケームの用語。
※それから(1909)〈夏目漱石〉九「始めから頭の中に硬張った道徳を据ゑ付けて、其道徳から逆に社会的事実を発展させ様とする程、本末を誤った話はない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android