コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射エネルギー ほうしゃエネルギーradiation energy

3件 の用語解説(放射エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射エネルギー
ほうしゃエネルギー
radiation energy

電磁波のエネルギー電磁波は波動の1種であり,1点から放射されたエネルギーは,初めは球面波によって,十分離れたところでは平面波によって伝わる。この波面の単位面積を通して単位時間に流れるエネルギーはポインティング・ベクトルで与えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃ‐エネルギー〔ハウシヤ‐〕【放射エネルギー】

電磁波のエネルギー。進行方向に垂直な単位面積を、単位時間に通過するエネルギーとして定義する。その向きと大きさは、電場と磁場のベクトル外積であるポインティングベクトルで与えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうしゃエネルギー【放射エネルギー】

電磁波のエネルギー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射エネルギーの関連情報