コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外積 がいせきexterior product

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外積
がいせき
exterior product

通常はベクトル積と同義に使うが,グラスマン代数の意味で使うこともある。2本の3次元ベクトルの外積 A×B=(AyBzAzByAzBxAxBzAxByAyBx) は,もとの空間のベクトル (成分の長さ) というより,各座標平面へ射影した平行四辺形の面積を成分にもつベクトルなので,初めの空間のベクトルと区別される。もとの空間の中で考えたものをベクトル積といい,「外積」のほうは別の空間の要素と考えるのが普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がい‐せき〔グワイ‐〕【外積】

二つのベクトルを,とするとき、大きさが,を2辺とする平行四辺形の面積に等しく、向きは、この平行四辺形に垂直で、かつ、からの方向に右ねじの進む向きであるベクトル。ベクトル積。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

外積【がいせき】

ベクトル積とも。二つのベクトルA,Bがつくる平行四辺形の面積に等しい大きさをもち,この平行四辺形に垂直で,かつAの向きからBの向きへ右ねじを回転させたとき,ねじの進む向きに向かうベクトルを,ベクトルA,Bの外積またはベクトル積といい,A×Bと書く。
→関連項目角運動量偶力コリオリの力ベクトル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がいせき【外積】

〘数〙 空間における二つのベクトル , に対し、このベクトルを二辺とする平行四辺形の面に垂直で、二直角以内の回転角で右ねじを から の方へ回す時のねじの進む向きをもち、大きさがこの平行四辺形の面積に等しいベクトルをいう。ベクトル積。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外積
がいせき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

外積の関連キーワードホーエンローエ=シリングスフュルスト中小企業退職金共済制度ボロブドゥール放射エネルギーホーエンローエベクトル解析ハドリアヌステンソル積伊東巳代治コリオリ適格年金仁宣の治ブルバキ微分形式回転角宣徳帝従法線永楽帝乗法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android