コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放火癖 ほうかへきpyromania

翻訳|pyromania

世界大百科事典 第2版の解説

ほうかへき【放火癖 pyromania】

19世紀初期には,放火そのものが目的の放火を繰り返す特殊な精神病の存在が考えられていた。たとえばオジアンダーF.B.Osianderは放火欲は脳の侵襲による疾病の結果だとし(1813),メッケルJ.F.Meckelは放火本能を提唱した(1820)。しかしその後E.クレペリン(1886)やK.シュナイダーらによりこれらの説は否定され,現在では放火癖という言葉は,小児期,酩酊時,性欲亢進時,欲求不満時などの場合や,悪戯的・破壊的衝動などから生ずる頻回の放火に対して用いられることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android