コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侵襲 シンシュウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅう〔‐シフ〕【侵襲】

[名](スル)
侵入し、襲うこと。
医学で、生体の内部環境の恒常性を乱す可能性がある刺激全般をいう。投薬注射・手術などの医療行為や、外傷骨折感染症などが含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしゅう【侵襲】

( 名 ) スル
侵入し襲撃すること。 「外敵の-を防ぐ事能ざるは/泰西国法論 真道
医療において、生体内の恒常性を乱す可能性のある外部からの刺激。外科手術、感染、中毒など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

侵襲の関連キーワード急性呼吸窮迫症候群エラストグラフィー深在性カンジダ症流行性脳脊髄膜炎角膜レーザー手術ミュータンス菌新型出生前診断グリーンマウス集束超音波治療食道アカラシア虚血性心疾患脳の計算理論ロボット手術最小侵襲手術病原性大腸菌サルコペニア泰西国法論ヒスタミン第一相試験独立軍抗争

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侵襲の関連情報