侵襲(読み)シンシュウ

  • しんしゅう ‥シフ
  • しんしゅう〔シフ〕

大辞林 第三版の解説

スル
侵入し襲撃すること。 外敵の-を防ぐ事能ざるは/泰西国法論 真道
医療において、生体内の恒常性を乱す可能性のある外部からの刺激。外科手術、感染、中毒など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 侵(おか)し襲うこと。侵入し襲うこと。
※形影夜話(1810)上「大黄の性は苦酷にして、腸胃中、裏面の神経を侵襲、刺棘す」
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉三「其力を斉して以て外敵の侵襲を防ぐ事能ざるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侵襲の関連情報