散乱の法則(英語表記)scattering law

法則の辞典の解説

単に「散乱則」と呼ぶ場合もあるが,ファン・ホーヴェの中性子散乱についてのものがよく知られている.単位時間,単位立体角,単位エネルギー当たりの中性子の微分散乱断面積が,粒子の対相関関数で表現できる.その結果として,対相関関数 Grt)を空間時間のフーリエ変換形式で表現した散乱関数の Grt)の空間時間のフーリエ変換で書き直したものが散乱関数であるが,この散乱関数 SQw) を中性子散乱則という.すなわち

となる.このほかの,レイリー散乱*ミー散乱*ラザフォード散乱*などの各項も参照されたい.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android