コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散乱の法則 scattering law

法則の辞典の解説

散乱の法則【scattering law】

単に「散乱則」と呼ぶ場合もあるが,ファン・ホーヴェの中性子散乱についてのものがよく知られている.単位時間,単位立体角,単位エネルギー当たりの中性子の微分散乱断面積が,粒子の対相関関数で表現できる.その結果として,対相関関数 Grt)を空間時間のフーリエ変換形式で表現した散乱関数の Grt)の空間時間のフーリエ変換で書き直したものが散乱関数であるが,この散乱関数 SQw) を中性子散乱則という.すなわち

となる.このほかの,レイリー散乱*ミー散乱*ラザフォード散乱*などの各項も参照されたい.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

散乱の法則の関連キーワードラザフォード散乱フーリエ変換レイリー散乱

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android