コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散乱の法則 scattering law

1件 の用語解説(散乱の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

散乱の法則【scattering law】

単に「散乱則」と呼ぶ場合もあるが,ファン・ホーヴェの中性子散乱についてのものがよく知られている.単位時間,単位立体角,単位エネルギー当たりの中性子の微分散乱断面積が,粒子の対相関関数で表現できる.その結果として,対相関関数 Grt)を空間時間のフーリエ変換形式で表現した散乱関数の Grt)の空間時間のフーリエ変換で書き直したものが散乱関数であるが,この散乱関数 SQw) を中性子散乱則という.すなわち

となる.このほかの,レイリー散乱*ミー散乱*ラザフォード散乱*などの各項も参照されたい.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散乱の法則の関連キーワードCPUファン転移点ファンヒーターバランスファンドファンジン光学式ファインダーファントホッフの浸透圧の法則ファンホーヴェの散乱公式副編ロッドアクション

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone