散布超過(読み)さんぷちょうか

百科事典マイペディアの解説

散布超過【さんぷちょうか】

国の民間への支払が民間からの受取より多い場合,財政資金の対民間収支は散布超過であるという。散超と略称。この場合は民間の通貨量が増加するから金融が緩和される。→引揚超過

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の散布超過の言及

【揚超・散超】より

…〈揚超〉(引揚げ超過の略)とは,財政資金対民間収支(国庫収支)において,租税,国債等により国が民間から受け入れる額のほうが,年金,公共事業等の財政資金の民間への散布を上回る状態のことで,受け超ともいう。逆に〈散超〉(散布超過の略)とは,財政支出が民間からの受取りを上回った状態のことで,払い超ともいう。揚超・散超には季節性がある。…

※「散布超過」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android