コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散超 さんちょうexcess disbursement

5件 の用語解説(散超の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散超
さんちょう
excess disbursement

払超ともいう。財政資金対民間収支散布超過のことで,財政支出など政府が民間へ支払う金額が,租税収入など政府が民間から受入れる金額を上回ること。逆の場合は揚超 (受超ともいう) という。民間の現金通貨量を増加させるから金融を緩和する要因となり,揚超の場合は逆に金融引締めの要因となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ちょう〔‐テウ〕【散超】

《「散布超過」の略》財政資金対民間収支で、政府支出が収入を上回る場合のこと。払い超。⇔揚げ超

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

散超【さんちょう】

散布超過

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんちょう【散超】

〔「散布超過」の略〕
財政資金の対民間収支において、政府が民間に支払う額の方が民間から受け入れる額より多い状態。民間の通貨量を増加させ、金融緩和の要因となる。はらいちょう。 ↔ 揚げ超ちよう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散超
さんちょう

国庫収支が支払い超過になること。払い超(はらいちょう)ともいう。国家財政は租税や公債発行などによって民間から資金を吸収し、公務員給与、公共事業費、融資などの形で民間(地方財政を含む)に支出をするが、前者を後者が上回った状態が散超である。この逆の状態を揚げ超(あげちょう)という。わが国においては、散超や揚げ超は財政資金対民間収支という統計によって示されるが、散超の場合はそれだけ民間における通貨の増大、揚げ超の場合は縮小をもたらすので、民間経済の資金需給に大きな影響を与える。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の散超の言及

【揚超・散超】より

…〈揚超〉(引揚げ超過の略)とは,財政資金対民間収支(国庫収支)において,租税,国債等により国が民間から受け入れる額のほうが,年金,公共事業等の財政資金の民間への散布を上回る状態のことで,受け超ともいう。逆に〈散超〉(散布超過の略)とは,財政支出が民間からの受取りを上回った状態のことで,払い超ともいう。揚超・散超には季節性がある。…

※「散超」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone