コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦煌古城 とんこうこじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

とんこうこじょう【敦煌古城】

中国の甘粛(かんしゅく)省の敦煌(とんこう)(トゥンホワン)から25kmほど離れた陽関に向かう道沿いのゴビ砂漠にある、日中合作映画『敦煌』の撮影のため、1987年、宋時代の敦煌城を再現した建物。◇「倣宋砂州城」、あるいは「敦煌映画城」とも呼ばれる。建築スタイルは、西域情緒にあふれている。城は東、西、南の3方に門があり、城内には5本の主要街道が通っていて、街道の両側には寺院や質屋、酒屋、住宅などが並び、中国西部の建築芸術博物館と称される。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android