敷山城(読み)しきやまじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敷山城
しきやまじょう

南北朝期の城。山口県防府(ほうふ)市牟礼(むれ)敷山にあり、南北朝期に特有の山城(やまじろ)で、防府平野の北東端にそびえる矢筈ヶ岳(やはずがたけ)(標高460メートル)の南面八合目に位置していた。1336年(延元1・建武3)南朝方に属した周防国府(すおうこくふ)の目代(もくだい)摂津助公清尊(せっつじょこうせいそん)、小目代助法眼教乗(じょほうがんきょうじょう)が足利尊氏(あしかがたかうじ)に敵対して拠(よ)った所で、城は石見(いわみ)・長門(ながと)からの大軍勢に攻められ落城した。験観寺(げんかんじ)という寺院を城郭構えにしたもので、削平地、石垣が残る。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android