コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学批評 ぶんがくひひょうliterary criticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学批評
ぶんがくひひょう
literary criticism

文学作品の享受体験に基づいてこれを対象化し,その芸術的価値,特質,成立過程,影響関係,史的位置などを判断し,これらを効果的に表現し伝達する文学活動のこと。読者の正しい鑑賞への指針を与えるとともに作家の創作活動の発展に資する働きをもつ。これは批評態度によって,(1) 客観的批評──裁断批評,帰納的批評,科学的批評,(2) 主観的批評──印象批評鑑賞批評,審美批評に分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

文学批評の関連キーワードリンド(Robert Wilson Lynd)ジョージ・エドワード・ベイトマン センツベリグッドマン(Paul Goodman)ディオニュシオス[ハリカルナッソス]ウィリアム・カーティ ウイムサットスタンリー・エドガー ハイマンエウジェニオ ドナドーニフランシス ファーガスンロシア・フォルマリズムテスモフォリアの女たちレワルト・シュタールF.R. リーヴィス社会主義リアリズムイーハヴ ハッサンコーネリア メグズローザ アゾールスクルーティニーR.W. リンドアゾール・ローザアバークロンビー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文学批評の関連情報