コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文献公知

1件 の用語解説(文献公知の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

文献公知

文献公知」とは、刊行物に該当発明の記述が行われ、頒布され、公知になった状態をいう。出願前に発行された学会誌や公開特許公報の他、CD-ROMなどのような電子媒体も頒布された刊行物に含まれる。「文献公知」になった発明は、出願しても新規性を失ったとされ、特許権を得ることができなくなる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文献公知の関連キーワード刊行物公知定期刊行物明細書拒絶理由新規性進歩性請求項当業者発明の詳細な説明

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone