斎つ桂(読み)ユツカツラ

デジタル大辞泉の解説

ゆつ‐かつら【斎つ×桂】

神聖で清浄なカツラの木。一説に、枝のたくさんあるカツラ。
「井の上(へ)に―あらむ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆつ【斎つ】 桂(かつら)

清浄なの木。神聖で、神が降臨すると考えられる桂の木。一説に、枝が多く葉がしげり合った桂の木ともいう。
※古事記(712)上「其の神の御門に到りましなば傍なる井の上に湯津香木(ユツカツラ)有らむ〈略〉香木を訓みて加都良(カツラ)の木と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android