斎藤幸夫(読み)さいとう ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤幸夫 さいとう-ゆきお

1931-2006
昭和6年3月16日生まれ。昭和30年宮城県松山町での一家4人殺人・放火事件(松山事件)で別件逮捕。一貫して無実を主張したが,35年死刑が確定。2度目の再審請求がみとめられ,59年無罪となった。平成18年7月4日死去。75歳。宮城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android