コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無実 ムジツ

デジタル大辞泉の解説

む‐じつ【無実】

[名・形動]《古くは「むしつ」》
事実がないこと。実質がないこと。「有名無実
罪を犯していないのに、罪があるとされること。冤罪(えんざい)。「無実の罪」「無実を訴える」
誠実さがないこと。また、そのさま。
「破戒なれども比丘をば敬ひ、―なれども勧進をば奉加す」〈盛衰記・一八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むじつ【無実】

〔古くは「むしつ」とも〕
(証拠立てる)事実がないこと。無根。 「 -を叫ぶ」 「 -を訴える」
実質のないこと。内容のないこと。 「有名-」
誠実な心のないこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無実の関連キーワードドーバー海峡殺人事件チョコレート戦争言い張る・言張るInnocentフレームアップ名有りて実なし名有りて実無し濡れ衣を着せる取りも直さず死人に口無し濡れ衣を着る明かりが立つ冤罪・寃罪冤枉・寃枉罪を着せるイノセンス陳方・陳法冤屈・寃屈雪冤・雪寃冤鬼・寃鬼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無実の関連情報