コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤正順 さいとう せいじゅん

1件 の用語解説(斎藤正順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤正順 さいとう-せいじゅん

1758-1794 江戸時代中期-後期の和算家。
宝暦8年生まれ。江戸にすみ,今井兼庭(けんてい)やその弟子本多利明(としあき)にまなぶ。寛政6年に関孝和(せき-たかかず)の碑を本多利明の協力をえて江戸牛込の浄輪寺にたてた。同年死去。37歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤正順の関連キーワードケフェキル浅尾工左衛門ケルース宮殿科学史葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽稲村三伯ウェブスター

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone