コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤聖香 さいとう せいこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤聖香 さいとう-せいこう

1912-1984 昭和時代後期の彫刻家。
明治45年7月1日朝鮮生まれ。昭和27年二紀展に初出品し,褒状受賞。29年二紀同人賞,56年宮本賞。日本美術会展,前衛美術家協会展にも出品。穏健な作風で人物像を得意とした。昭和59年12月4日死去。72歳。日大中退。作品に「ボードビリアン」「宮本三郎像」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤聖香の関連キーワード彫刻家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android