斡旋収賄(読み)あっせんしゅうわい

精選版 日本国語大辞典の解説

あっせん‐しゅうわい ‥シウワイ【斡旋収賄】

〘名〙 公務員が依頼を受けて他の公務員の職務上の不正行為を仲介し、わいろをとること。
※ある小官僚の抹殺(1958)〈松本清張〉一「岡村の受けとった金はいわゆる斡旋収賄(アッセンシュウワイ)である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android