コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断(ち)切り タチキリ

デジタル大辞泉の解説

たち‐きり【断(ち)切り】

断ち切ること。断ち切ったままにすること。「断ち切りのロープ」
口絵挿絵・表紙などの画面を仕上げ寸法よりやや大きく印刷しておき、仕上げのときにその一部を裁ち落として紙面いっぱいに印刷されているようにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

断(ち)切りの関連キーワード剪断加工ロープ寸法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android