紙面(読み)しめん

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐めん【紙面】

〘名〙
① 紙のおもて。紙の表面。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※評判記・色道大鏡(1678)九「書事のおほからで紙面(シメン)にたらずといふとも、半紙一枚をまく事なかれ」
② 紙に書いた文書、手紙の類。書面。また、その文面。
※室町殿日記(1602頃)五「朝夕やすき心地も御座なきよしなど、こまごま紙面にあらはしたまへり」
③ 新聞などの記事の載っている面。また、その記事。紙上。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「テーブルの上に新聞を展(の)ばし、如何なることが記しあるかと紙面(シメン)に目を付け乍ら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐めん【紙面】

紙のおもて。紙の表面。
手紙。書面。「詳細は後日紙面で報告します」
新聞などの記事を印刷する面。また、その記事。「汚職の報道に紙面を割く」「高校野球が紙面をにぎわす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android