コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井宏昌 あらい ひろまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井宏昌 あらい-ひろまさ

1952- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手。
昭和27年4月26日生まれ。PL学園外野手として昭和45年夏の甲子園で準優勝。法大卒業後,50年南海に入団左打ちの巧打者で,54,57年パリーグ打率2位。近鉄に移籍した翌62年,130試合制で当時最多の184安打,3割6分6厘で首位打者。平成4年引退。実働18年,通算2038安打,2割9分1厘,88本塁打。大阪出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

新井宏昌 (あらいひろまさ)

生年月日:1952年4月26日
昭和時代;平成時代のプロ野球選手・コーチ

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

新井宏昌の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新井宏昌の関連情報