新保 兵次郎(読み)シンポ ヒョウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

新保 兵次郎
シンポ ヒョウジロウ

昭和期の洋画家



生年
明治41(1908)年3月13日

没年
昭和52(1977)年9月10日

出生地
新潟県長岡市玉蔵院町

学歴〔年〕
日本美術学校中退

主な受賞名〔年〕
光風会特賞〔昭和27年〕「白石のある風景」,日展内閣総理大臣賞〔昭和43年〕「森の朝」

経歴
小糸源太郎に師事。昭和8年帝展に初入選、翌9年にも帝展に出品し、以後新文展に出品摺る。戦後は日展に出品し、21年「書窓」、22年「笛」で連続特選を受賞、以後出品依嘱となった。また戦前から光風会展にも出品し、戦後同会会員となり、27年には「白石のある風景」で光風会特賞も受けた。36年日展審査員、翌37年日展会員、43年日展評議員となり、同年「森の朝」で内閣総理大臣賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報