コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為世 フジワラノタメヨ

百科事典マイペディアの解説

藤原為世【ふじわらのためよ】

二条為世

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのためよ【藤原為世】

1251~1338) 鎌倉後期の歌人。為氏の子。二条派の嫡流で、京極為兼と対立。歌風は平淡。「新後撰和歌集」「続千載和歌集」を撰し、「続拾遺和歌集」以下の勅撰集に一七七首入集。歌論「和歌庭訓抄」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原為世
ふじわらのためよ

二条為世」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原為世
ふじわらのためよ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤原為世の関連キーワード尊良親王(たかながしんのう)新千載和歌集続拾遺和歌集新後撰和歌集続千載和歌集西園寺公宗尊良親王勅撰集藤原頓阿歌風

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android