コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為定 フジワラノタメサダ

大辞林 第三版の解説

ふじわらのためさだ【藤原為定】

1293~1360) 鎌倉末期・南北朝初期の歌人。二条家の嫡流として、「続後拾遺和歌集」「新千載和歌集」を撰進。「玉葉和歌集」以下の勅撰集に一二四首入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤原為定の関連キーワード続後拾遺和歌集新千載和歌集玉葉和歌集新葉和歌集勅撰集藤原源承

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android