コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為定 フジワラノタメサダ

2件 の用語解説(藤原為定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐ためさだ〔ふぢはら‐〕【藤原為定】

[1293~1360]鎌倉後期・南北朝時代の歌人。二条家の嫡流で、養父為藤のあとを継ぎ、「続後拾遺集」を完成。のち「新千載集」を撰進。二条為定

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのためさだ【藤原為定】

1293~1360) 鎌倉末期・南北朝初期の歌人。二条家の嫡流として、「続後拾遺和歌集」「新千載和歌集」を撰進。「玉葉和歌集」以下の勅撰集に一二四首入集。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

藤原為定の関連キーワード二条為定藤原為定平頼綱永仁要塞地帯つくば市総合運動公園つくば市総合運動公園計画つくば市総合運動公園の基本計画永源寺永楽帝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone