盛名(読み)せいめい

精選版 日本国語大辞典「盛名」の解説

せい‐めい【盛名】

〘名〙 んな名声。立派な評判。
※随得集(1388頃)和偶作「盛名藉甚如鳴玉、大道分明似直絃
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「その宿志を達し、ここにて学習の功を積み、遂に盛名を発するに至り」 〔後漢書‐黄瓊伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「盛名」の解説

【盛名】せいめい

名声。〔後漢書、黄瓊伝〕嶢嶢(げうげう)たる(高き)は缺け易く、(けうけう)たる(白き)は汚れ易し。陽春の曲(陽春白雪名曲)は和する必ず(すく)なく、名の下(もと)、其の實副(そ)ひし。

字通「盛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android