コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新城長有 しんじょう ちょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新城長有 しんじょう-ちょうゆう

1931- 昭和後期-平成時代の育種学者。
昭和6年10月31日生まれ。55年琉球大教授となる。遺伝的に雄しべが不能であるイネの雄性不稔系統などを確立。1代雑種で多収のハイブリッド-ライスを恒常的につくる方法を実用化した。54年日本育種学会賞。沖縄県出身。琉球大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新城長有の関連キーワードハイブリッド米

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android