コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新大聖堂 しんだいせいどう

1件 の用語解説(新大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

しんだいせいどう【新大聖堂】

オーストリア北部、同国第3の都市リンツ(Linz)の中心部にある、同市最大のネオゴシック様式の大聖堂。建設は1855年。同じくリンツ市内ハウプト広場にある、作曲家ブルックナーオルガンを演奏していた旧大聖堂(Alter Dom、聖イグナティウス教会)に対して、「新大聖堂」と呼ばれる。聖堂の高さは134m。ウィーンシュテファン大聖堂の高さを超えないように建てられたといわれる。2万人が収容可能で、同国最大規模の聖堂である。リンツの歴史を描いた「リンツ窓」と呼ばれる美しいステンドグラスキリストの降誕図がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新大聖堂の関連キーワードブレゲンツリンツオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーグリンツィングザンクトフローリアン修道院ハウプト広場ペストリンクベルク巡礼教会リエンツ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone